toggle
2019-12-09

【order】シルクサテンの 2wayウェディングドレス

Bonjour, Carlier Coutureです。

いつもdiaryをご覧いただきましてありがとうございます。

 

街はすっかり色づいて、紅葉が美しい季節もまもなく終盤にさしかかりますね。

これから来る白い季節も、ウエディングには最高に美しい季節です。

 

さて、本日ご紹介させていただくのは2wayでお召しいただいた

シルクドレスをご製作させていただいた花嫁さま。

 

お式のご予定は月、ドレスのご相談は月より始まりました。

通常のご製作期間よりタイトではございますが

毎週のように( は流石に言い過ぎですが…!)

お忙しい中かなりのペースでアトリエに通っていただき、

ドレスとブラウスたちが完成致しました。

 

先ずはベースとなるドレスのラインを調整致しました。

花嫁さまのご希望のデザインを反映したラインで、

シンプルながら美しいラインが際立ちます。

 

もともとシルクでのお作りをご希望されておられました。

シルク100%ならではの、

ストンと上品に流れるドレープが印象的です。

シルクサテンではございますが、

ご希望の雰囲気に合わせ、光沢を抑えた

ナチュラルな風合いのものをオススメさせていただきました。

 

ベースからのお衣装合わせなので、

ここから花嫁さまの思い描くドレスが出来上がっていくことを想像するだけで、

ワクワクする瞬間です。

 

お色味は柔らかなアイボリーです。

花嫁さまの優しい雰囲気になじむ、絶妙な色合いです。

ベースのドレスとベールを合わせてみました。

ベールの長さも様々で、仮にミドルベールを。

セレモニーでは、ゲストの方に見られる時間が長い後ろ姿。

チェックも入念に行います。

 

 

続いて、キリスト教式用には手袋もオーダーいただきました。

透き通ったオーガンジーが、清楚で可愛らしい雰囲気を醸し出します。

さりげないレース使いのショート丈グローブなのですが、

次にご紹介させていただくレースのブラウスと

マッチするようにお作り致しました。

手元の美しさは、ドレス姿に華を添えます。

 

教会ではクルーニーレースをあしらったブラウスをプラスして。

ベースとなるドレスの上から着る形で、かなり印象が変わりますね。

 

細部にこだわりが見えるデザインは、

佇まいの美しさを際立たせます。

ナチュラルで、尚且つ優美で…。

花嫁さまの人柄を表すようなデザインになりました。

 

また、お式の後、特別な日にも着られるよう

リメイクを念頭に置きながら

レースを決定されました。

(リメイクについてはまた後日!)

 

お色直しではブラウスをチェンジ。

こちらのブラウスは、洋装の中に少し和テイストを感じさせる、

雅やかなノーブルなデザインです。

 

たっぷりとしたフレアスリーブのブラウスは、

上品さを保ちながらも

肩肘張らないリラックス感を叶えてくれます。

 

ウエスト部分で結んだリボンは、

先ほどのブラウスと印象をガラッと変えるキーアイテムです。

 

襟元の繊細なレースが、顔まわりを華やかにさせます。

 

 

スタイルアップはもちろん、後ろ姿の印象も変えます。

一つ一つのドレープと、ブラウスの軽やかさが、

花嫁さまの醸し出す雰囲気にマッチしています。

 

 

最近ではこのようにブラウスやボレロを羽織ることで、

同じドレスをシチュエーションに合わせて雰囲気を変え

楽しまれるお客様も増えています。

これからの季節はロングスリーブも人気です。

 

今回のようなナチュラルなレースからドレスと同素材のものまで、

素材によって季節感を演出できるのもとても嬉しいですね!

 

揺れるロングピアスは、顔まわりを華やかにします。

ドレスや肌になじむようなデザインで、細部にこだわりを感じさせます。

 

こちらのピアスは以前、Bridal Fairを主催され、

ご一緒させていただきました三軒茶屋のNatullyさんで

オーダーメイドされました。

 

//     Bridal Fairの模様はぜひこちらから↓  // 

http://www.carlier-couture.com/natully/

 

 

全体のトータルバランスで、身に着ける小物も重要です。

花嫁さまのセンスの良さと、

Natullyさんの手仕事が光るピアスです。

 

そして大変嬉しいことにお式のお写真も頂戴いたしました!

instagramの方でも少しご紹介させていただいておりますが、

お写真はまた次のブログにてご紹介させていただきます。

 

お式のお写真をいただく毎に、

花嫁さまとの初めてのお打ち合わせの時のことが蘇り

胸が熱くなる想いで拝見させていただいております。

 

オーダーメイドという選択をされ来店されるお客様の多くは、

自分らしくありたい!と願われ、自分にとって最高の、

世界で一つのドレスをお求めになって来店されます。

 

自分らしさを追求し、ああでもない、こうでもないと

繰り返して完成したドレスを纏ったときの輝きは

まさに格別!!

 

この瞬間に立ち会うことができる喜びは、私の原動力です。

ご依頼いただきまして、改めましてありがとうございます。

それでは、花嫁さまの末永いお幸せを願いながら…

 

 

 

 Carlier Couture

 

 

 

 

 

ウェディングドレス、カラードレスはもちろん

ゲストドレス、マザーズドレス、演奏会ドレスも

フォーマルドレスもお作りいたしております。

 

お問い合わせはこちらから

 

Follow us on Instagram !

 

関連記事