toggle

Wedding Dress

こちらのページでは、今までにオーダー頂いたドレスの一部をご紹介させて頂きます。

「Dress Story」からは、ドレスが完成するまでのdiaryをご覧頂けます。

(写真はクリックで拡大します。)

Saskia Dress

チュールをふんだんに使用したオーバースカートで、スタイルチェンジ。スタイリッシュな雰囲気の花嫁様に大人の可愛さをプラス。レースのヘッドドレスと、大ぶりのビジューピアスも合わせて製作。こちらのストーリーをみるには→diary

Saskia ( 2nd ver. )

光を受け輝きを放つビーズ刺繍を施した個性のあるレースを全面的に使用したのマーメイドドレス。花嫁様の個性を際立たせるシンプルなシルエットをセレクト。配置にこだわったレースモチーフは、クチュールテクニックで手で縫い付けて。こちらのストーリーをみるには→diary

 

Lumière Dress

避暑地でのガーデンウェディングにふさわしい、大人のフィッシュテールドレス。アフターパーティーではオーバースカートを取り外し、カジュアルなミニドレス姿に。ナチュラルなヘッドピースや蝶ネクタイもオーダー頂きました。こちらのストーリーをみるにはdiary

 

Floraison Dress

レースモチーフをあしらったビスチェドレスは、シンプルながらも花嫁さまのもつ雰囲気を引き立てて。お色直しでは淡い桜色のシフォンや繊細なリバーレースなどを素材感からチェンジ。こちらのストーリーをみるにはdiary

 

Wine Red Dress

正統派なドレススタイルから、お2人の個性をさりげなく表現したコーディネートまで3wayでお召し頂いたドレス。二次会ではミモレ丈で、イメージチェンジ。花嫁さまとこだわって作ったトークハットは花びらを染めているところからスタートしています。こちらのストーリーをみるにはdiary

 

Paysage Dress

チュールの軽やかなドレスに、秋色のカラーをオシャレにまとった花嫁さま。季節を隔てて、前撮りから当日の挙式、披露宴まで多彩なスタイルで着こなして下さいました。こちらのドレスのストーリーはdiary

 

Dessein Dress

軽井沢の由緒ある教会で行われたお式。長袖ブラウスを用いたクラシカルなスタイルでありながら、どこかモダンでスタイリッシュな雰囲気を醸し出す花嫁さま。披露宴では、レースモチーフをこだわって配置したマーメイドドレスをビスチェスタイルにチェンジ。こちらのドレスのストーリーはdiary

 

Feuille Dress

フランス語で「leaf」を意味する「feuille」をドレス名にしました。鎌倉の旧邸で行われたウェディングでは、葉っぱをモチーフとしたエンブロイダリーレースを軸に、素材一つ一つにこだわったスタイルをご提案させていただきました。おしゃれなご新郎新婦さまのこだわりやセンスを取り入れた、大人のためのナチュラルウェディングです。制作の模様はこちらからdiary

 

Ballerina Dress

シックで重厚感のある建物で行われたレストランウェディングに、洗練されたチュールドレスを制作させて頂きました。花嫁さまの自然な美しさが引き立つシンプルなデザインですが、アンティークな雰囲気を醸し出すリバーレースのハイネックブラウスや、トークハットをプラスして。こちらのストーリーをみるにはdiary

 

Blanche Dress

お母様の手仕事を、オーダードレスに組み合わせて、暖かみと愛情を目一杯詰め込んだドレス。一着のシンプルなドレスをベールやアクセサリーと組み合わせたり、リバーレースのブラウスと合わせたり、何通りにも着こなして頂きました。お母様との製作の模様も書き留めたこちらのストーリーをみるにはdiary

 

Fleur Dress

刺繍レースとリバーレースを組み合わせたウェディングドレス。お身体を締め付けない楽な着心地を意識しながらも、花嫁さまのナチュラルで可憐な雰囲気を引き出しました。花嫁さまこだわりのマリアベールには、フランス製のリバーレースをあしらって。こちらのストーリーをみるにはdiary

 

 

Herbal Dress

花嫁さまにちなんで、オリジナルのハーブ柄のテキスタイルからゼロから製作し、ドレスをお仕立て致しました。鮮やかなプリント生地に、淡いお色味のチュールを重ね、軽やかなカラードレスに。製作のステップやストーリーをみるには→diary

 

Eternel Dress

贅沢にリバーレースのみを使用してお仕立てした、ロングスリーブのウェディングドレス。パールとクリスタルをあしらったボンネや三連ピアスも花嫁さまのご希望に合わせて製作。真冬に行われた船上パーティーは、クラシカルな雰囲気と季節感を大切にして。こちらのストーリーをみるには→diary

 

Bienvenue Dress

フレンチレストランでの一軒家ウェディングには、クラシカルでアンティーク感のあるドレスを。クチュールテクニックでお仕立てしたリバーレースのブラウスや、ドレスと同じ生地でお作りした花とトークハットがポイントです。 こちらのストーリーをみるには→diary

 

Avenue Dress

花嫁様とセレクトしたレースでお作りしたオフショルダーボレロと、ソフトマーメイドドレス。レースモチーフは一つ一つ、丁寧に手で縫い付けて。ビーズ刺繍をあしらったヘッドピースとサッシュベルトがアクセントに。こちらのストーリーをみるには→diary

 

Romantique Dress

グリーンと石作りの建物に映える、アイボリーのレースとチュールのドレス。フルオーダーメイドならではの、軽くて楽な着心地と、ふんわりしたシルエットにこだわりました。花嫁さま手作りの小枝アクセサリーや、バスケット型のブーケなど、細部まで個性が光るコーディネイトになりました。こちらのストーリーをみるには→diary

 

Promenade Dress

アイボリーのチュールをふんだんに重ねたドレスに、繊細なリバーレースのブラウスを。ブラウスはドレスの色に合わせて、手染めしています。ドレスと同じ生地でお作りしたトークハットを合わせ、ナチュラルなウェディングに。こちらのストーリーをみるには→diary

 

Vintage Silver Dress

純和風の披露宴に映える、ヴィンテージ感のあるウェディングドレス。実はお母様のドレスを使用させて頂いており、さらにリバーレースの長袖のブラウスも新たにお仕立てし、クラシカルでいてタイムレスなスタイルに。元のドレスのお写真、製作ストーリーをみるにはdiary

 

Ballade Dress

繊細なスカラップ模様が美しい総レースのドレスは、フレンチレストランでの一軒家ウェディングに。丈は軽やかなミモレ丈をチョイス。鮮やかな色合いのサッシュベルト、蝶ネクタイ、そして秋色のヘッドピースが差し色に。こちらのストーリーをみるには→diary

 

Préface Boléro

オートクチュールの技法でお仕立てした美しいビーズ刺繍のボレロは、厳かな教会でのウェディングに。アイボリーのお色味が花嫁様の優しい雰囲気を引き立てます。バックスタイルのくるみボタンがより一層クラシカルなテイストに。こちらのストーリーをみるには→diary

 

 

Chemin Dress ( Pale Blue-grey ver. )

花嫁様のセンスが光る、淡いブルーグレーのセパレートドレス。花嫁様がコーディネイトしたカジュアルなトップスで前撮り仕様に。パーティーではスカートに合わせてで染めたレースでお作りしたブラウスを合わせて頂きました。

 

Prélude Dress

お祖母様から受け継がれた美しい生地を最大限活かしたウェディングドレス。お式では純白のジャガード織りxレースのビスチェドレスに、レースで縁取ったトレーンをプラスしたクラシカルスタイル。1着を大切に、3 way でお召しになられました。こちらのストーリーをみるには→diary

Prélude Dress ( Party ver.)

お祖母様から受け継がれた美しく華やかな帯は、お色直しで大胆に飾り付け。花嫁様の想いと、家族の想いが一つになったドレスです。こちらのストーリーをみるには→diary

Prélude Dress( After party ver. )

日本文化を大切にする花嫁様ならではの、着物の生地を使用したスタイル。濃紺と玉虫色の生地で花飾りや蝶ネクタイをお作りし、爽やかにイメージチェンジされました。ハネムーンでの後撮りでは、カラフルな街と絶妙にマッチ。こちらのストーリーをみるには→diary

 

 

Princesse Dress

いつからか憧れていたドレスを形に。手作業であしらった胸元のレースには、スワロフスキーで輝きをプラス。フランスの町並みに合うバックスタイルは、バッスルスカートからイメージ。様々な種類の生地を使用した、花嫁様こだわりポイントです。

 

 

May Dress

スワロフスキーやガラスパーツなど、様々なビーズをビスチェ全体に刺繍したエンパイヤドレス。シフォンやオーガンジーを使用した軽やかなバックスタイルが花嫁様の柔らかな雰囲気にぴったり。海外ウェディングに合わせて、持ち運び易さも考慮しています。

 

 

more info ...